守谷こどものこころとからだのクリニック

〒302-0132 茨城県守谷市松並青葉4-2-3
0297-45-4192

守谷こどものこころとからだのクリニック

アレルギー診療

Medical

くま
とり
しか

こどものアレルギーMedical

全人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患を有すると言われるくらいありふれているけれど、意外とその実態が知られていない病気でもあります。
院長はアレルギー専門医ではありませんが、前職の千葉愛友会記念病院小児科の根津医師と連携をして適切な診療を目指します。

喘息

幼稚園児で約20%、小学生で約14%、中学生で約8%の子どもが喘息と言われています。当院では、小児アレルギーガイドラインに則って治療を行います。

花粉症・アレルギー性鼻炎

花粉症は今や国民病と言われるほど沢山の子どもたちが悩んでいる病気です。適切なタイミングで適切な治療を行えば、かなり症状を軽くすることができるのでご相談ください。

アトピー性皮膚炎

幼児期に多く、親御さんが特に悩まれる病気です。皮膚の病気は皮膚科が専門ですが、アトピー性皮膚炎はアレルギーの病気であり小児科医も得意です。正しく治療を行えば、かなり改善させることができます。なかなか改善しないというかたは、ぜひ一度来院してください。

食物アレルギー

乳児の5〜10%が有すると言われています。血液検査で反応が出ているから、その食品を除去する、というのは適切な対応とは言えません。食品の除去は最低限にすべきというのが最近の食物アレルギーにおけるトレンドです。そのために、必要に応じて食物負荷試験を前職の千葉愛友会記念病院小児科で行います。